FXの夏時間・冬時間|取引時間を理解してトレードに活かそう

FXを始めてみようと思うけど、難しそうな用語がいっぱい…

取引時間1つをとっても、すごく複雑に思いますよね。それは、夏時間・冬時間が存在しているからです。

まずは取引時間を理解しましょう。
夏時間と冬時間とは何なのか?

今回は夏時間と冬時間のしくみと、取引時間の注意点についてご紹介します。

夏時間・冬時間について

負けないFX
FXの取引時間は、原則平日および祝日(※元旦は除く)のほぼ24時間が可能です。
外国為替市場は東京、香港、シンガポール、ロンドン、ニューヨークといった世界各地で開かれているので、平日であれば常にどこかの都市で市場が動いているからです。

しかし、ここで1つ気を付けたいのが夏時間・冬時間です。
FXでは、米国のサマータイム制度に伴い、時期によって取引時間が異なるんです。これを夏時間、冬時間として区別しています。
サマータイム制度はFX以外にビジネスシーンで聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

サマータイム制度とは、夏時間制度と言われることもあるのですが、日の出時刻が早く日照時間が長い時期だけ時計を標準時間より1時間進める制度です。
朝が早くスタートすると、仕事もその分早く終わり自由な時間が1時間多くなるということですね。

この制度は、明るい時間が1時間増えるので、その時間を有効に活用できるというメリットがあります。
FXではサマータイムを夏時間、標準時間を冬時間と呼びます。

夏時間・冬時間になる期間

負けないFX
米国の夏時間、冬時間の期間は次の通りです。

・夏時間(サマータイム):3月第2日曜日~11月第1日曜日
・冬時間(米国標準時間):11月第1日曜日~3月第2日曜日

サマータイムの始まりは、スプリングフォワードと言って時計を1時間進めることになり、サマータイムの終了はフォールバックと言って時計を1時間戻すことになります。

また、米国以外にもサマータイムを適用している国があります。
そして、サマータイムで注意したいのが、国によって夏時間・冬時間の切り替わるタイミングがそれぞれ違うことです。
オーストラリアやニュージーランドなどの南半球は、北半球と季節が逆ですから夏時間と冬時間も逆になります。

参考までに、その他の国の夏時間です。

・イギリス(ヨーロッパ):3月最終日曜日~10月最終日曜日
・オーストラリア:10月第1日曜日~4月第1日曜日
・ニュージーランド:9月最終日曜日~4月第1日曜日

上記以外の期間が冬時間ということになります。
取引したい国が、サマータイムを導入しているのか確認が必要というですね。

 

夏時間・冬時間を考慮したトレード手法

負けないFX
夏時間・冬時間を考慮して取引するならば、値動きが活発でもある主要な為替市場の開場時間帯を狙ってトレードする方がいいかもしれません。

夏時間に移行期間は注意することも多く、トレードのタイミングによっては大きく損失してしまう場合もあります。
ですから、夏時間に移行期間はまずどの国が夏時間を迎えたのか、どの国がまだ夏時間を迎えていないのか、それぞれの市場の夏時間に移行のタイミングをスケジュールで管理しなければなりません。

夏時間に入ると、冬時間に0時から翌1時までの間に発表されていた経済指標が、23時から0時までの間に発表に変わります。
これは、冬時間の場合に明日発表予定だった経済指標が、夏時間になるとその当日に発表分の経済指標になるということを意味しています。
日本のFXトレーダーは0時で取引を切り上げることが多いですが、夏時間になると23時から0時の間の経済指標の発表に切り替わるので、内容次第では大きくレートが変動してしまいます。

このように、冬時間に大きく影響を受けなかった経済指標が、夏時間には大きく影響してくる可能性が高いため、経済指標の動きもしっかり見ておく必要があります。
米国が夏時間に入ったからといって、他国まで同時に夏時間に入るわけではありません。

また、北半球、南半球で季節が真逆ですので、夏時間に入るタイミングは間反対です。
トレーダーにとっては面倒なことが多い期間になりますので、管理ミスやトレードのタイミングミスを防ぐためにも主要な為替市場に絞ってトレードすることをおすすめします。

初心者にオススメ!最初にノーリスクでトレードできる海外FX会社

負けないFX
海外FX会社には口座開設で証拠金ボーナスがもらえたり、ハイレバレッジでトレードができ、ノーリスクハイリターン投資ができる会社がいくつか存在します。

XMTrading

まずは、XMTrading。

日本人では1番利用されている海外のFX口座ではないでしょうか。
信頼性・安全性が高く、海外FX初心者にもオススメです。
口座開設で証拠金ボーナスがもらえたり、入金やトレードに応じて証拠金ボーナスがもらえるなど、とにかくボーナスキャンペーンが豊富です。
もう1つのオススメポイントが最大レバレッジ888倍・追証なしということです。
追証がないということは、取引で思いがけず大きなマイナスが出た場合、口座に足りていなかったマイナス分を取られることがない(ゼロカットシステム)ので借金が発生しないということです。
自己資金での取引においてローリスクの海外FX業者といっていいでしょう。
口座を開設すると、金額は小さいですが一切入金しなくても使うことができるボーナスが付与されるので、この仕組みを使えばハイレバレッジでトレードができノーリスクハイリターン投資が実現、その点でも初心者にはオススメです。
もちろん利益がでれば出金することもできます。
ただし、海外銀行送金でしか入金額以上(利益)を出金できませんので、ご注意を。


GemForex

次に、GemForex。

FXの上級者が、GemForexで取引利用するには物足りないと思いますが、海外FX初心者が取引利用するには使いやすくオススメです。
日本語のサポートも整っており、海外FX業者ですがサポート体制は問題ありません。
GemForexもXMTrading同様にキャンペーンが豊富です。
口座開設時には証拠金ボーナスが発生、定期的に100%入金ボーナスという素晴らしいボーナスキャンペーンもやっています。
また、業界最高水準のレバレッジである1,000倍取引が可能で、追証なしなのでローリスクハイリターンで楽しむことができます。
口座開設ボーナスを使えばノーリスクハイリターンの取引も可能ですね。

https://gforex.asia/vip/90754/camp

FXの夏時間・冬時間のまとめ

負けないFX
いかがでしたか?
サマータイム移行期間は、スケジュールを管理することが大切です。

私も、サマータイム移行期間は慎重に、主要な為替市場に的を絞って取引をしています。
無理な取引は控えましょう。

サマータイム移行期間を管理することでトレードミスがなくなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加