FXの取引時間のキホンを紹介!市場が活発になりやすい時間帯についても解説

スポンサーリンク

FXの取引するときに最も重要なのが取引時間となります。

「取引してみたが赤字だらけ」
「どの時間帯が利益になりやすいのか知りたい」

など人さまざまです。

特に初心者には
「赤字になりやすい」とのことでそれを解消するためには
「活発になりやすい取引時間」を知ることが大事となります。

「活発になりやすい取引時間」が分かるだけでも大きな利益を
出すことが可能になります。

時間帯を間違えるだけでもマイナスの利益になってしまうこともあるので、
そうならないために、是非読んでもらいたい記事です。

FX取引ができる時間帯・できない時間帯

FXは株式投資(9時から11時半、12時半から15時の計5時間)と違い、平日であれば24時間取引ができます。

ではなぜ、FXは24時間取引ができるのでしょうか?

FXの場合は世界中に市場があるからなんです。

オセアニア市場
アジア市場
ヨーロッパ市場
ニューヨーク市場

など世界中に市場が存在します。

これを時間軸で表すと

オーストラリア時間:7時から16時
東京時間:9時から18時
ロンドン時間:16時から2時
ニューヨーク時間:22時から7時

となります。

17時にオーストラリア時間で閉まっていても、東京時間で開いていたり、
20時に東京時間で閉まっていても、ロンドン時間で開いていたり、
4時にロンドン時間で閉まっていても、ニューヨーク時間で開いていたり、
8時にニューヨーク時間で閉まっていても、オーストラリア時間で開いていたり

このように時間帯ごとに開いている市場が異なってくるのです。

24時間のうちの必ずどこかしらの市場が開いていればスマホなどで簡単に取引ができるのです。

次は時間帯の特徴について説明していきます。

FX取引で重要な3つの市場の特徴

先ほど説明した通りFXの市場には、

オセアニア市場
アジア市場
ヨーロッパ市場
ニューヨーク市場

など世界中に存在しています。

勝ちやすい時間帯を説明する前に、時間帯ごとの特徴を理解することが必要です。
まずはそのことについて説明していきます。

時間帯ごとの特徴は下記の3つです。

市場参加人数
取引されやすい通貨
スプレッド

市場参加人数に関しては、

オーストラリア時間=少ない
東京時間=普通
ロンドン時間とニューヨーク時間=多い

取引されやすい通貨に関しては、

オーストラリア時間=豪ドル
東京時間=円
ロンドン時間=ユーロ、英ポンド
ニューヨーク時間=米ドル

これらは開いている市場の国の通貨が中心に取引がしやすいっていうことになります。

スプレッドに関しては、

オーストラリア時間=大きい
東京時間=普通
ロンドン時間とニューヨーク時間=小さい

スプレッドも時間帯ごとに変わっていき、スプレッドは基本的に取引高に比例します。
取引高が多ければ多いほどスプレッドが狭くなり、取引高が少なければ少ないほどスプレッドが広くなります。

つまり、スプレッドは市場参加人数に比例します。
市場参加者が多ければ多いほど取引高が多くなり、市場参加者が少なければ少ないほど取引高が少なります。

単純なスプレッド比較するのであれば、スプレッドの広がりやすい日本の朝方の取引は避けたほうが無難です。

注意点としましては、

東京時間の9時55分は仲値が決定する時間なので、仲値に向けて取引高が増えていくことがあります。そこは要注意して下さい。

 

FX取引が活発になる時間帯

では、活発になる時間帯はいつなのか?
「活発になる時間帯」=「チャンスのある時間帯」ともいいます。
チャンスのある時間帯とは、「取引高の多い時間帯」です。

なぜ、取引高の多い時間帯がチャンスなのか?

仮に、人が少ない場所で何かビジネスする場合、
何か販売・転売など行うときに、買い手があまりいないとなかなか売れません。
高い値段で売れたとしても、買い手がいないと自分の思った値段で売れないのです。
人が少なければ、ビジネスチャンスが少なく、利益を出すチャンスも少なくなります。

逆に、人が多い場所で何かビジネスする場合、
買い手と売り手が多くなるのでいろいろな値段で売買できます。
そうすると、自分の思った以上の値段で売れたり、
自分の思った以上の値段で安く買えるのです。
人が多ければ、ビジネスチャンスが多く、利益を出すチャンスも多くなります。

こうして市場参加者が多い時間帯を狙っていくと、
よりチャンスが多くなるのです。

チャンスの多い時間帯は下記の通りです。

①:日本時間の9時から11時
②:日本時間の15時から18時
③:日本時間の21時から24時

①の時間帯では、特に9時55分当たりは仲値が決定する時間なので、
そこに向けて取引高が多くなりやすくなります。

①の時間帯はオーストラリア市場と東京市場
②の時間帯は東京市場とロンドン市場
③の時間帯はロンドン市場とニューヨーク市場など

営業が重なり合うことで市場参加者が多くなるのです。

③の時間帯は全通貨ペアに共通していて、
ボラティリティが大きいため市場参加者も多くなります。

時間帯以外にも、取引量の多い通貨を知ることも大事です。
2019年のデータで取引量の多い通貨は下記の順番となります。

米ドル 88.3%
ユーロ 32.3%
日本円 16.8%
英ポンド 12.8%

上記の4つの通貨が世界中で多く取引されています。
そこから「チャンスの多い時間帯」を知ることで
より多くの市場参加者がいることが分かるようになるのです。

FX取引が不活発になりやすい時間帯

逆に、不活発になりやすい時間帯はいつなのか?
「不活発になる時間帯」=「チャンスの少ない時間帯」ともいいます。
チャンスの少ない時間帯とは、「取引高の少ない時間帯」です。

チャンスの少ない時間帯は下記の通りです。

①:日本時間の18時から21時
②:日本時間の24時から7時

簡単に説明すると、開いている市場が少ない時間帯となります。

特に注意する時間帯は下記の通りです。

①:日本時間の24時から2時
②:日本時間の4時から9時
③:経済市場の発表時

①の時間帯は欧州とニューヨークが入り乱れています。

重要な指標発表、イベントがあるため急な変動が起こることがあるので注意が必要です。

②の時間帯も急な変動が起こりやすくなります。
③の時間帯は、値が指標発表と同時に動く傾向もあったりもします。

指標発表のときに急な変動が起こることがあるため、指標発表の30分前からは避けたほうが無難です。

取引が活発な時間帯にFX取引をすることのメリット

活発になりやすい時間帯を選ぶメリットとしては「売買」しやすいことです。
いくら店に良い商品を販売したとしても、お客さんが少なければあまり売れません。
FXも同じく、取引する人が少なければあまり利益を出すことができないのです。

そのためには、「活発になりやすい時間帯」と「不活発になりやすい時間帯」の理解が必要となります。

FXの取引時間のまとめ

ここまで読んでみていかがでしたか?

取引できる時間帯はもちろんのこと、
活発になる時間帯も合わせて理解することが大事なのはお分かりいただけたと思います。

活発になる時間帯=チャンスのある時間帯=取引高の多い時間帯=取引する時間帯
このように理解しておきましょう。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加