FXのスプレッドとは?スプレッドの小さいおすすめFX会社も紹介!

スポンサーリンク

「FXの取引はどこが自分の取引スタイルに合っているのか?」と疑問を感じることもあるでしょう。

FXは業者によって取引スタイルや設定方法に違いがあるので、自分の得意とする手法に合うところを選ぶことが大事です。

特に、FX業者によって変化が見られるのはスプレッドです。

スプレッドは業者によって狭くしているところもあれば広くしているところもあるなど違いがあります。

FXの取引で大事なスプレッドについて内容を紹介していきます。

FXのスプレッドとは?

「そもそもスプレッドとは何?」と疑問を感じている人もいるでしょう。

スプレッドとは、FX取引をするときの買値と売値の差を表しています。

FXは通貨ごとに買値と売値の2つのレートが提示されていますが、その価格はスプレッドによって差が開いていることがあります。

例えば、ドルのレートが買いで100.00、売りが100.10であればスプレッドは0.1円となります。この場合、スプレッドの差に応じて0.1が取引コストとしてトレーダーが余分に支払います。つまり、スプレッドによってFX業者は利益を得ていることになります。

また、FX業者は通貨によってスプレッドの開きに違いを生じさせています。

例えば、ドル/円やユーロ/円は流通が高い通貨ペアなので多くの人が取引に利用します。
そのため、FX業者もスプレッドの開きを抑えて、低いところであれば0.2ほどの水準設定にしているところもあります。

世界的に有名な通貨はアメリカドル、ユーロ、日本円、イギリスポンドになるため、これらの組み合わせの通貨ペアはスプレッドの開きが狭いです。逆にスイスフランや中国元、トルコリラなど通貨はマイナー通貨なので、ペア通貨となればスプレッドの開きも大きくなり、しはらうコストの価格も大きくなります。

そのため、FXで取引を行うときは通貨ペアの確認をしてスプレッドの開きが大きいのか狭いのか確認してトレードするのがおすすめです。

FXのスプレッドの仕組み

スプレッドの仕組みについて知っておきたい人もいるでしょう。

スプレッドはFX業者がトレードの差異を無くすために設定していると考えられます。トレーダーがFXで通貨ペアの注文を行った際、もしFX業者がトレーダーの注文とは逆の売買取引を行うと損失のリスクが生じます

例えば、FX会社がトレーダーに代わり買いの取引がされたなら、レートが上昇すればトレーダーの収益となります。利益が発生したときにFX会社は逆の注文をしていれば、業者側は損失だけが発生して直ぐに破産してしまうことになります。

そのため、FX会社は自社の損失を損なわないため、トレーダーの注文に合わせて取引を行います。ただ、注文を行うときには少なからず為替変動による差異が生じることになります。為替取引の注文のスピードは段々と改善されて速くなってきますが、リスクを0にすることはできません。

そのため、前もってスプレッドを設定しておき、注文の差によりトレーダーとFX業者の損失が出ないようにしています。もちろん、スプレッドはFX業者によって差があるため、利益として設定している部分もあると考えられます。

スプレッドの仕組みを考えてFX業者を選ぶようにしましょう。

FXのスプレッドで利益も変わる?

FXのスプレッド幅により当然利益は変わってきます。

スプレッドが発生しているということは、1回の取引によって余分にFX会社に手数料を支払っていることになります。ということは、何回も取引を行うなら、その分スプレッドの手数料を何度も支払うことになるので、自分の利益に関わってきます。

1回の取引で大金を使用するなら、その分スプレッドの金額も大きくなります。
その取引で利益を発生させることができれば、スプレッドの金額は気にならないかもしれませんが、損失を出すなら、スプレッドの分も合わせて資金を大きく減らすことにもつながります。

特に、短期売買で利益を上げるデイトレードやスキャルピングであれば、大金を使用して数分で取引を行うため、FXのスプレッドの広がりが大きいなら、利益を思うように出せません。
長期間で少ない資金による取引なら気になりませんが、やはりスプレッドが狭いほど利益を大きく出せることは間違いないです。

そのため、FXの取引を行うときはスプレッドの範囲が狭いところを選んで、取引を行うのがおすすめです。

固定スプレッドと変動スプレッド

スプレッドには固定制と変動性のスプレッドがあり、種類によってスプレッドの幅が変わってきます。

固定制のスプレッドは一定の水準で固定されている仕組みとなっており、基本的にスプレッドは動かず、どのタイミングでも同じ値となっています。

しかし、固定制でも為替レートが大きく変わったときや市場の取引が滞っているときはスプレッドが広がることもあります。そして、固定制の場合は定められた値から狭くなることはないため、スプレッドが無くなることもありません。

また、FX業者は時間帯でスプレッドの範囲を決めていることもあり、深夜と昼まではスプレッドに違いがあります。1日中同じスプレッドということではなく、時間によってスプレッドが固定されていると考えておきましょう。

一方、変動性のスプレッドは取引の際でも常にスプレッドの幅が広がったり狭くなったりする仕組みとなっています。スプレッドに変わるので幅が大きく広がっているときもあれば、極端に狭くなって手数料が減っているときもあります。

変動性の場合は為替の状況によって左右されることもあるため、経済の情報を集めて動向を確認すれば狭いスプレッドで取引を行うことも可能です。固定制と変動性のスプレッドは一概にどちらが良いというわけではないので、自分の取引方法に合っているのか確認することが大事です。

今では固定制の方がFX業者は安定してスプレッドを設定しやすいので、変動性は少ないと考えておきましょう。

スプレッドの小さいおすすめFX会社

ここからはスプレッドの範囲が狭いFX業者を紹介していきます。

まず1つ目に紹介するFX業者はSBIFXトレードです。

SBIFXトレードはスプレッド幅が狭いことで有名であり、米ドル/円はスプレッドが最狭で0.09銭と0.1よりも低い設定になっています。

ユーロ/円も0.3銭、豪ドル/円も0.4銭となっており、スプレッドは基本的にどの通貨ペアでも狭い水準を記録しています。初回最低入金額は下限なしとなっており、取引単位は1通貨からなので、まずは安い資金からトレードを行ってみることができます。

初心者の方に最適なFX業者と言えるでしょう。

 

2つ目に紹介するのはLION FXです。

LION FXはスプレッドが原則固定で米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭と、こちらも業界では狭い水準となっています。

通貨ペア数も50種類と豊富であり、いろいろな通貨ペアで取引を行うことが可能です。

 

3つ目はDMM FXです。

DMM FXのスプレッドの設定も米ドル/円0.2銭、ユーロ/円0.5銭となっています。

DMM FX

ツールの使いやすさが好評であり、画面はシンプルでアプリではワンタッチで取引が簡単に行えるようになっています。取引単位が1万通貨と少し高額ですが、低コストの取引ができるので人気があります。

FXのスプレッドのまとめ

FXのスプレッドの内容について紹介してきました。スプレッドは取引回数が多くなれば、余分な手数料を支払うことになるため、自分の利益にも影響が出ます。スプレッドはどのFX業者も設定していますが、低い設定をしているところもあります。ぜひ、スプレッドを確認してFX業者で取引をしてみましょう。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加