初心者が陥りがちなFXの失敗例と対策5選!リスクを限定する技術を解説

スポンサーリンク

FXでは、誰しも初心者の間は失敗を繰り返します。
「まずは生き残れ。儲けるのはそれからだ」という格言があるように、

まずは失敗しても、次につながるトレードを行う必要があります。
今回は、そんなトレードに役立つ技術について解説したいと思います。

初心者が陥りがちな失敗例①:損切りができない


原因:「いつか戻るんじゃないか」という根拠のない期待をしてしまう。

損失を抱えると誰しも嫌な気持ちになり、その損失を確定したくないという感情に襲われます。
「いつか戻るんじゃないか」という根拠のない期待は、損切りにおいて1番危険です。
それは、ただの運任せのギャンブルと同じになってしまいます。
致命傷になる前に、損切りが正しく出来るようにしましょう。

対策①:損切りルールを作る。

損切りができない原因の一つが、ルールが明確に作られていない事が挙げられます。
必ず、自分の損切りルールを作って、それを厳守しましょう。

「何となく損失が大きくなったら損切りする。」というような曖昧なルールは危険です。

ルールは人それぞれですが、「損失額がここまで来たら損切りする」「直近高値安値を更新したら損切りする」「リスクリワードを計算してこの価格で損切りする」など、明確に、エントリー前に決めておかなければなりません。

そして、損失ルールを明確に決めていても、いざ、損失を抱えるとルールを破りたくなります。

ルールを破りたくなるのは、「損失の痛みを回避したい」という人間の本能とも言える思考なのですが、決して最初に決めたルールを破ってはいけません。
ルールを破って損切りを先送りにする事は、致命傷になるリスクを高めます。

対策②:逆指値注文・OCO注文をする。

損切りルールを作っても、どうしてもルールを破ってしまう、という意見も多いと思います。
そんな人には、逆指値注文・OCO注文をしてみてはいかがでしょうか。

逆指値注文とは、指定した価格まで下がった時に売り、指定した価格まで上がった時買い、を行ってくれる注文方法です。
OCO注文とは2つの注文を同時に発注し、片方の注文が実行されると、もう片方が自動的にキャンセルされる注文方法です。

ポジションを持った状態で、OCO注文しておけば、利益確定と損切りの2つの注文を同時に設定できる為、損切り設定を逆指値で注文しておけば自動で損切りされます。
感情に左右される事なく、チャートを見ていなくとも、知らないうちに損切りも利益確定も行ってくれるので、ルールを守れない人にはオススメです。

対策③:トレーリングストップ注文をする。

トレーリングストップ注文とは、値動きに合わせ一定の幅を持たせて、逆指値注文を自動修正して売買を行ってくれるシステムです。
利益を最大化しつつ、損失を抑えた損小利大の売買が可能となります。
設定さえすれば、損切りも利益確定も自動で行ってくれる為、損切りが出来ない人にとっては1つの対策となるでしょう。
ただし、相場に絶対は無く、必ず勝てるという手法は存在しません。
トレーリングストップは、トレンド相場には有利ですが、レンジ相場には不向きと言われています。
相場の流れを読みながら、使えるタイミングを見極めましょう。

初心者が陥りがちな失敗例②:ポジポジ病

原因:常に動くチャートから「少しでも無駄なく利益を取っておきたい」と、根拠のないポジションを取ってしまう。

対策①:デモ口座を利用して、根拠を持ったトレードができるようになるまで勉強・練習をする。

相場の中で、明確な優位性のあるエントリータイミングというのは、頻繁に現れるものではありません。
そんな相場の中で、あらゆる部分から利益を取りたいと意気込んでも相場に弄ばれるだけです。
トレードは、待つのも仕事の内なのです。
優位性のあるエントリータイミングを掴めるまで、デモ口座を利用するのも1つの手です。

対策②:スプレッドの狭い通貨ペアを選んだり、FX会社を使用したりする。

スプレッドとは買いと売りの価格差のことを指し、取引においてのコストとなります。
スプレッドによるコストは、注文回数や注文量が多ければ、その分大きくなります。
スプレッドは、通貨や証券会社によって違いがあるので、出来るだけスプレッドの狭い通貨ペアやFX会社を選んだ方がコストカットに繋がります。
これで直接的に勝てるようにはなりませんが、失敗時の損失を少しでも軽減する為の1つのアプローチとなります。

初心者が陥りがちな失敗例③:ハイレバレッジ取引

原因:最初は小さなロットでやっていても、負けてしまうとそれを「一発で取り返そう」という気持ちになり、どんどんロットを上げてしまう。

結果的にハイレバレッジ取引となり、FX資金を失う確率が増える。

対策①:資金量に見合った最大ロットを決めて取引をする。

最大ロットをルールとして決めておきましょう
負けると、感情的になり、ロットを上げてしまいがちですが、ルールを決めて厳守出来るようにしなければなりません。
最大ロットの目安は、個人差がありますが、エントリー後に生活に支障がでたり、ドキドキしたり、不眠になったりする場合は、ロットが許容範囲を超えています。
自分自身の適正なロットを見極め、最大ロットを決定しましょう。

対策②:レバレッジを低めに設定する。

レバレッジとは、預けた資金の何倍もの金額で取引する仕組みの事です。
初心者のうちは、感情的になって気づいたらハイレバレッジになっていた、なんて事も十文考えられるので、レバレッジ設定を低く設定しておくのも1つの手です。
設定以上のレバレッジで取引出来ないようになります。
「レバレッジ◯倍コース」など各取引会社で様々な設定が出来るようになっています。

初心者が陥りがちな失敗例④:スワップポイントを大きく超える為替差損

原因:「スワップポイントがプラスになるポジションを取るから、多少の為替差損は問題ない」と思ってしまい、根拠のないポジションを持ってしまう。

為替レートの変動により生じた損失を為替差損といいます。
スワップポイント狙いの戦略は有効ですが、根拠のないポジションは大きな損失を抱える可能性があり、本末転倒となってしまいます。

対策:株式投資時の暴落リスク対処と同じ考え方で、一気に投資予定額全額でポジションを取らず、長期積立投資(ドルコスト平均法)を試みる。

長期積立投資(ドルコスト平均法)とは、一定の金額で、時間を分散して、定期的に買う方法です。
全額で一気にポジションを持つと、逆行時に大きな損失を抱える事となりますが、少額で長期積立投資(ドルコスト平均法)を行えば、小さな損失で、平均取得単価を有利にしながら、価格の回復を待つ事ができます。
なるべく為替差損を小さくし、リスクを減らした取引が可能となります。

 

初心者が陥りがちな失敗例⑤:多くの通貨ペアに手を出す

原因:「全通貨のエントリーチャンスを逃すまい」としてしまう。(ポジポジ病と似たような現象)

欲張りすぎると、知らないうちにハイレバレッジになってしまったり、根拠のないエントリーが増えてしまいがちなので注意が必要です。

対策:まずは1つの通貨ペアの特徴の熟知に努める。

決まった1つの通貨ペアのクセや値動きの特徴を掴む事は、勝つ為にとても重要な事です。
通貨ペアによって、激しく価格が動く時間帯やボラティリティーに違いがあります。
また、通貨ペアでチャート形成に特徴があったり、連動する経済指標なども違ってきます。
1つ熟知すれば、他の通貨ペアの特徴は比較で習得できるため、特徴を掴むスピードをあげることに繋がります。
また、エントリーの精度が上がると共に、無駄に多くのポジションを取り過ぎる事が無くなるでしょう。

FXで失敗しないためのオススメコンテンツ紹介

本記事で紹介した失敗例と同じ轍を踏まない為のコンテンツとして、完全自動のトレードシステムについて学ぶことも一つの対策です。
「損切りが、どう努力しても出来ない」という人や、「ポジポジ病やハイレバレッジが治らない」という人は一度試してみてはいかがでしょうか

完全自動のトレードシステムについて学ぶ

FXの失敗例と対策5選のまとめ

いかがでしたか?

陥りがちな失敗とその対策を、あらかじめ頭に入れておけば上達速度も上がります。
思考停止にならずに、知識と経験を踏まえて、常に自分の頭で考えて行動し、最善の選択をする事が何より重要です。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加