FXは少額から始めるべき!リスクの少ないFXの始め方を解説

スポンサーリンク

会社員でも学生でも主婦でも、FXはスマホ1台あれば簡単に始められる世の中になりました。
しかし、それは「相場」と言うプロの世界に、素人が簡単に足を踏み入れることを意味します。
いきなりプロに混じって真剣勝負をすると、どうなるでしょうか?

巷では、「FXは初心者でも簡単に稼げる」「自動売買ツールで勝手に儲かる」と言うようなイメージが一人歩きしていますが、そんな甘い世界ではありません。
今回は、初心者がFXを始める際は、必ずFXは少額から始めるべき理由と、リスクの少ないFXの始め方について解説していきます。

少額からでもFXを始められる理由


①FXは株や投資信託に比べて手数料が低い

FXは、取引手数料が無料で取引することが出来、スプレッドのみが取引コストとなります。
スプレッドとは買いと売りの価格差のことを指し、通貨や証券会社によって違いがあります。
スプレッド比較はネットで簡単にすることが出来、スプレッドが小さい証券会社や通貨を選んで取引すればコストカットに繋がります。

②レバレッジをかけることが可能

レバレッジとは預けた資金の何倍もの金額で取引を行うことが出来る仕組みです。
小さな資金から巨万の富を築く最大の武器とも言えるレバレッジ効果ですが、諸刃の剣とも言えるので注意が必要です。
初心者の内は、無くなっても生活に支障のない金額で、エントリー後にドキドキしない位のレバレッジで始めた方がリスクは少ないです。

③少額でエントリーが出来るような仕組みになっている

FXは、小さな資金でも取引が行える仕組みとなっています。
FXは、エントリーの通貨数によって必要になる資金が変わってきます。
取引の最小単位は1000通貨となっており、少額で始められます。
1万円程度の少額からでも、レバレッジをかければ、十分に利益を積み重ねて行く事が出来ます。

FX初心者は少額から始めるべき理由

FXに足を踏み入れると言う事は、プロに混じって戦うと言う事です。
会社で言うと、入社1ヶ月の営業マンが、10年選手の営業マンより好成績をあげる事は難しいと思います。
スポーツで言うと、初心者がプロ選手に混じってプレーしても活躍することは出来ません。

FXでも同じ事です。

必ず負けると思っておいた方が良いでしょう。
まずは少額で負けて経験を積むことから始めます。
どうせ負けるなら少額の方が良いです。

通貨単位を小さくして、手軽に始めてみるのが良いでしょう。
そうすれば損失を出してもダメージが小さくなります。
小さいダメージの内にFXの経験を積む事が出来ます。

多額の資金を失えば精神的ダメージも大きく、再起するにも時間がかかりますが、少額であれば精神的に余裕をもって取引を行うことが出来ます。

FX初心者の必要資金

初心者のうちは、利益より経験を積むことにフォーカスすることが必要です。
たまたま勝つこともありますが、利益を出し続ける事は難しいです。
なので損失を出しても生活に影響の出ない金額に抑えながら、少しずつ慣れていくことが重要です。

初心者の必要資金は、1〜5万円程度から始めるのがおすすめです。
経験を積んでいけば、月次で利益が出るようになってきます。
そうなれば徐々に資金を増やしていけば良いでしょう。

デモ口座を使ってトレードの練習をする方法もありますが、トレードの緊張感がなく、リアル口座でのトレードに比べて、学びのスピードや実践感覚の習得が遅れる傾向にあります。
つまり、お金のかかっていないトレードで練習をしても、あまり経験値にはならないと言うことです。

 

FXを少額で始めるときの注意点

①物足りなくなって、安易に増額しないように注意する

少額ゆえに、損失は少ないが利益も少ないです。
「せっかく利益を出したのに、これだけの金額か」と思うこともあるかもしれません。
大きな利益を夢見たり、刺激が欲しくなって増額したくなる気持ちになるかもしれませんが、注意が必要です。

②証拠金維持率に注意する

証拠金維持率とは、ポジションの必要証拠金に対する実効証拠金の割合です。
証拠金維持率が高いほど、レバレッジが低いということになります。
証拠金維持率が低いほど、レバレッジが高く、ロスカットされやすくなります。

証拠金維持率が低くなりすぎないように、ポジションを持っている間は常にチェックしておかなければなりません
逆に証拠金維持率が高すぎると、緊張感が薄れ、先述のデモ口座での練習トレードと似た現象が起こります。

③自分の適正な金額を見誤らないように注意する

実力以上の金額は避けましょう
持ち金全部や生活費が無くなるような金額は無謀です。
連戦連勝は不可能なので、負ける事を想定したプランを立てましょう。

精神的に不安定にならず、日常生活に支障がでない金額を心掛けるべきです。

しかし無くなると心が痛むレベルの金額がベストです。
エントリー後、金額の増減に心が揺さぶられ、他のことが手に付かない、と言う状態になれば、正しい金額設定ではありません。
また、無くなっても全然気にならない金額は逆にダメです。

エントリー後、普段と変わらない精神状態ではあるが、損失を出すと少し辛いくらいの金額を見極めることが重要です。
人それぞれで、はっきりとした正解は無いかもしれませんが、自分の適正金額を把握しておきましょう。

初心者がFX取引で失敗してしまう主な原因と対処法

 

失敗例①感情的になる

損失を出して取り返したい気持ちになって、より大きな金額でエントリーしたり、取引ルールを破ってエントリーしてしまいます。
普段ならエントリーしないところでも取引をしてしまいます。

・原因
取り返したい気持ちになる事は誰しもありますが、感情のコントロールが効かないレベルであれば、それは許容金額を超えてしまっている可能性があります。
・対処法
少し低レバレッジにしてみましょう。

失敗例②レバレッジを上げた途端に勝てなくなる

少し利益を出せてくると、レバレッジを高く設定したくなります。
レバレッジを高く設定すると利益は大きくなります。
しかし、レバレッジを高くした途端、勝てなくなり1度の損失で、今までの利益を全て飛ばすということも十分あります。

・原因
レバレッジを高くしすぎると、ロスカットされやすくなります。
低レバレッジでは耐えれていた損失も、レバレッジを上げすぎると耐えられなくなる可能性があります。
・対処法
適正なレバレッジを見極めることが必要です。

失敗例③ポジポジ病

ポジポジ病とは、「とにかくエントリーしたい」と言う気持ちを抑えられず、根拠のないポジションをとってしまうことをいいます。
もちろん根拠のないポジションなので勝ち続ける事は不可能でしょう。

・原因
根拠のないポジションを持つ危険性を、理解してない経験不足によるものです。
・対処法
エントリールールをしっかり決めて厳守なければなりません。
また、短期足を見てエントリーをし過ぎてしまう場合は、長期足を見るエントリールールへ見直しを行う事も必要かもしれません。

失敗例④:スワップ狙いの落とし穴

スワップポイント狙いでエントリーしていたら、大きな含み損を抱えてしまった、という事も大いにあります。

・原因
とにかく安易なエントリーは危険ということです。
・対処法
スワップポイント狙いのみで取引するのも戦略としてはありですが、タイミングや保有期間など、値動きや世界情勢を踏まえて考えることが必要です。

 

まとめ:FXは少額から始めてリスクの少ないFXの始めることが大事

FXを少額から始めることで、リスクを減らすことが出来、安定した精神状態で経験を積むことが可能となります。
ぜひ今回の記事方法を取り入れてみてください

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加