FXのインジケーターとは?FX初心者におすすめのインジケーターを厳選して解説

「FXのトレードをなんとなくで取引してしまう…」「もっとわかりやすくチャートを見れたらな…」

そう感じている人もいるのではないでしょうか。

その悩みはインジケーターを活用することによって解決できます。インジケーターを使いこなせば、安易なトレードが減り、根拠のある堅実なトレードをすることができます。

なぜインジケーターを使うと堅実なトレードをすることができるのか?

今回はその理由と勝率アップのためにインジケーターを活用する方法をお教えします。

FXのインジケーターとは?


まず、FXにおけるインジケーターとは、チャートに表示するサポートツールのことです。

主な使い方としては、テクニカル分析と呼ばれるチャートの分析に使用されます。

チャートのみですと、シンプルすぎてわかりにくいため、どのような動きをしているかということを視覚的にわかりやすくとらえるための者です。

また、インジケーターには大きく分けて、「トレンド系インジケーター」と「オシレーター系インジケーター」の2種類があります。

トレンド系インジケーターとは?


まず、トレンド系インジケーターについてです。

トレンド系インジケーターは文字通り、「トレンドをつかむための指標」です。

これから相場が上昇傾向にあるのか、下降傾向にあるのかがわかります。相場の大きな流れを確認して、今後のトレンドの方向性を予想する際に活用されます。

相場の傾向がわかれば、その傾向に合わせて投資をすることができます。

トレンド系インジケーターを正しく使いこなせるようになると、「これから価格が上がるのか」や、「これから価格が下がるのか」や、「上がり下がりの転換期」がわかるようになるため、相場のトレンドを見るのに適しています。

例えば、移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表などが代表例です。

正しくトレンドを読み取ることができれば、あとは新規注文や決済のタイミングを間違わなければ、投資で利益を得ることができます。

トレンド系インジケーターを正しく使いこなせれば、相場で利益を上げることは難しくありません。

 

オシレーター系インジケーターとは


次にオシレーター系インジケーターについてです

オシレーター系インジケーターとは、相場の強弱を表すインジケーターです。

簡単に言うと、「買われすぎ」、「売られすぎ」を判断する際に使用されます。

今の相場が「買われすぎ」の場合は、相場は売りに転換します。逆に、相場が「売られすぎ」の場合は、相場は買いに転換します。このように相場の転換点を判断するのに適しています。

代表例は、RSI、MACD、ストキャスティクスなどが当たります。

オシレーター系インジケーターは短期の「買われすぎ」・「売られすぎ」を判断するのに向いています。長期の視点から見た、「強いトレンド」は読み取れないことがあります。

その為、トレンド系インジケーターと組み合わせて活用することで威力を発揮します。オシレーター系インジケーターも自分に合ったものを選択し、正しく活用する訓練が必要です。

正しく活用できれば、相場で利益を得ることが可能となります。

完璧なインジケーターは存在しない


ここまで2種類のインジケーターを紹介してきましたが、これが一番良いというものではありません。

インジケーターの特徴は異なり、それぞれ長所と短所があるのです。1つのインジケーターのシグナルだけを根拠としてエントリーするのは、根拠が弱いと言わざるを得ません。

したがって、1つのインジケーターだけでエントリーや決済はできないということです。

逆に言えば、複数のインジケーターのシグナルが一致するようなタイミングでのエントリーであれば、根拠が強く、勝率や利益幅もアップしやすいということになります。

1つのインジケーターだけに頼って決定するのではなく、複数のインジケーターを活用し、根拠をより強く持ってトレードしましょう。

初心者におすすめのトレンド系インジケーター


ここで、初心者の方におすすめなトレンド系インジケーターを紹介します。先ほども名前は出てきましたが、「移動平均線」というインジケーターです。

この移動平均線はまさにトレンド系インジケーターの王道で、移動平均線のみを使用してトレードをするトレーダーも沢山います。

移動平均線とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだラインのことで、
一定期間の為替レート(終値)を平均をグラフで表したものになります。
5日間の数値であれば、5日移動平均線となります。

25日間の数値を集計したものであれば、25日移動平均線となります。5日移動平均線の場合であれば、5日間の終値を合計して5で割った数値をグラフ化していきます。

主な移動平均線としては、5日・10日・20日・25日などがあります。移動平均線は現在の相場が、上昇トレンドなのか、下降トレンドなのかを知るツールとして有効です。

移動平均線の向きからトレンドが把握でき、移動平均線の角度からトレンドの勢いを把握することができます。

移動平均線の動きを正しく分析することで、売り買いの判断をすることができます。

短期の移動平均線が中長期の移動平均線と重なる、いわゆるゴールデンクロスとデッドクロスが出た時が、売買のシグナルとなります。

 

初心者におすすめのオシレーター系インジケーター


次に、初心者の方におすすめなオシレーター系インジケーターを紹介します。

RSIは相対力指数と訳されます。「Relative Strength Index」(相対力指数)の略です。

投資家の心理を把握しようとして考案されたテクニカル指標です。アメリカ人のテクニカルアナリスト、J.W.ワイルダーによって考案されました。

RSIは、

①買われ過ぎのゾーンと売られ過ぎのゾーンがサブチャートで表示される
②エントリーや決済のタイミングがわかる
③相場のトレンド転換の示唆を感知することができる。

などです。

RSIは持合い相場(レンジ相場)や横ばい相場で特に威力を発揮する傾向があります。

一般的には、30%以下、70%以上での反転が売買のシグナルとなるので、覚えておきましょう。

移動平均線とRSIを組み合わせてみよう


そして、実践的な活用方法として、トレンド系とオシレーター系のインジケーターを組み合わせてみましょう。

両方のインジケーターを使うことで、ダマシに遭うリスクを軽減し、勝率を上げることができます。

具体的には、両方のインジケーターの売買シグナルが重なるような場面でエントリーを行うことで、勝率を上げられますよ。

根拠をしっかり持ってトレードをすることによって、利益を重ねることができはずです。

FXのインジケーターのまとめ


いかがでしたか?

インジケーターを活用することによって勝率が上がり、収益を増やすことができます。

このようにインジケーターを使いこなして、なんとなくのトレードから
さよならしましょう。

ぜひ今回の記事の方法を取り入れてみてくださいね。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加