ブレイクアウトとは?FX初心者がブレイクアウト手法で利益を上げるためのコツも紹介!

FXで投資をしてお金を稼ぎたい人もいるでしょう。

FXは為替を利用して投資を行って利益を狙いますが、今では多くの業者がトレードの場所を提供しており、口座開設も簡単に行うことができます。
そのため、FXの投資はとても身近に感じることができるでしょう。

しかし、FXで利益を出すためには手法を知っておくことが大事であり、その中の1つにブレイクアウトがあります。

「ブレイクアウトとは何なの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。
本記事ではその内容をご紹介していきます。

FXのブレイクアウトとは?

FXのブレイクアウトとは、「高値、または安値がサポートライン、またはレジスタンスラインを超えたタイミング」のことを言います

そして、ブレイクアウトにはトレンドブレイクとレンジブレイクの2つの種類があります。
トレンドブレイクは上昇トレンドのサポートラインに割り込むとき、または下降トレンドのレジスタンスラインを越えるときです。

レンジブレイクはレンジ相場のサポートライン、またはレジスタンスラインを超えるタイミングを指します。
つまり、ブレイクアウト手法はラインを抜けたときに、抜けた方向にエントリーすることなので、上昇トレンドでは高値、下降トレンドでは安値を連続して更新していく考え方です。

ダウ理論にも基づいており、ラインブレイク・レンジブレイクのような相場の重要なラインを越えたときにするトレードにも含まれています
利益を狙う手法として多くのFXトレードでも用いられています。

ブレイクアウトが生まれる相場原理

ブレイクアウトが生まれる相場原理は、トレンド転換を察知したトレーダーの「損切り」またはエントリー注文が殺到するときです。

ブレイクアウトが起きやすいのは、方向性のない相場でサプライズ的に経済指標や要人による特別な宣誓がされたときです
一気に価格の値上げや値下げが起きるタイミングとなるので、多くの投資家やファンド、機関が大口の取引を開始します。

そして、1回ブレイクアウトが起こったなら、ロスカットを警戒して投資家たちが「踏み上げ」や「投げ売り」などして、損切り注文が増加していきます。
この行動によりますますブレイクアウトが後押しされていき、トレンド発生へと繋がっていきます。

為替のレンジ相場の期間が長ければ長いほど、ブレイクアウトは強烈なトレンドを発生させ、ポジションの保有によっては一気に利益を上げることも可能です。
南アフリカランドやメキシコペソなどのマイナー通貨だけでなく、米ドル/円やユーロ/円などのメジャー通貨でも起こり得ることであり、過去の相場から何度も発生しています。

この「ブレイクアウト手法」を利用して、投資家は一気に利益を得ようとすることもあります。

ブレイクアウト手法の基礎

「ブレイクアウト手法」により、どのように取引を有意に進めていくのか知っておくことが大事です。

「ブレイクアウト手法」の考え方は非常にシンプルで、買いエントリーの場合は直近の高値で買って、価格が上昇していき、その上にある高値付近で決済を完了します

売りエントリーの場合は買いエントリーの時とは逆になり、直近の安値で売りにエントリーして、ブレイクアウトして価格が下がっていき、ある程度の安値になったときに決済完了します。

ただ、ブレイクアウトは単なるチャートのブレであるなど、ダマシ的なこともあるのでよく見極めることが大事です。
ダマシを避けるためには高値と安値の直近の相場だけで考えるのではなく、複数の時間足を根拠にして、ブレイクアウトが発生していることを確認した方がいいでしょう

ブレイクアウト手法を見極めて、相場に乗ることができれば取引の勝率を上げることが可能なので、基礎ポイントをしっかり確認しておきましょう。

ブレイクアウト手法のメリット・デメリット

FXのブレイクアウト手法においては、メリットとデメリットがあります。
それぞれ確認していきましょう。

メリット:わかりやすいエントリー基準

メリットブレイクアウト手法のメリット1つ目はわかりやすいエントリー基準なことです。

ブレイクアウトはラインを割ったことを確認するだけなので、エントリーポイントはわかりやすく、初心者でもエントリーのタイミングがつかみやすいです。
必ず上手くいく保証があるわけではありませんが、単純な手法なので複雑な分析は必要としません。

エントリーの基準となるブレイクアウトの代表例としては、押し安値・戻り高値のブレイクアウトがあります。
これらは移動平均線レベルで作った押し安値をブレイクしていった後はある程度の段階まで下落ちしていきます。
基本的には前回の高値を更新していくことでブレイクとみなします。

また、トレンドラインをブレイクしたことを確認できれば、トレンドは弱くなっていき、平行ラインを引くことでチャネルラインをブレイクすることもあります。

【FXチャート分析】トレンドラインとは?意味や引き方、活用のポイントを解説

チャネルラインとは?基礎基本と、FX初心者でも利益を上げるためのラインの引き方のコツも解説

また、移動平均線のブレイクアウトというのもあります。
それはレジスタンスラインとサポートラインの2つを突破したときです。
ブレイクした後に移動平均線まで戻ってきた段階でエントリーすると勝つ確率が高くなります。

ブレイクアウトは基本的にトレンドフォローなので、ブレイクアウトのパワーが強い場合は、大きく利益を伸ばせる可能性があります。
トレンドに沿ってポジションを持つ、いわゆる「順張り」の考え方なので、逆張りに比べてリスクも低く手法では安心できます。

FXのトレンドフォロー手法とは?初心者でもわかるエントリーポイントもわかりやすく解説

FXの「順張り」・「逆張り」とは?エントリータイミングやおすすめのインジケーターについても解説

デメリット:ダマシが多め

ブレイクアウト手法にはデメリットもあります。
それはダマシが多めなことです。

予測通りにチャートが動かず、ブレイクアウト後に値動きが押し戻されてしまって損をしてしまうこともあります。

ダマシは短い時間足で散見されることが多いので、いろいろな時間でローソク足を見て(これを「マルチタイムフレーム分析」といいます)、ブレイクアウトする可能性があるのか見極めるようにしましょう。

ブレイクアウト手法で利益を上げるコツ

ブレイクアウト手法で利益を上げるためにはコツがあります。

まず、FX初心者はブレイクアウト手法のデメリットである「頻繁なダマシ」に引っかからないことに注意することです

完全にダマシを見極めるのは難しいため、ブレイクアウトしてすぐにポジションを持つのではなく、ブレイクアウトした後の押し目や戻りを狙って、極力ダマシに引っかかりにくくして勝率を上げ、リスクを軽減できるようする必要があります。

それには「役割転換(ロールリバーサル)」を待ってポジションを持つ方法を採用できます。役割転換(ロールリバーサル)が起こると、それまでレジスタンスラインとして機能していた水平線がサポートラインになり、押し目を狙ってトレードをすることができます。

水平線トレードの考え方としては、水平線の反発を狙ったエントリーとブレイクを確認してのエントリーを行えます。
水平線をブレイクしたとしても結局レンジを抜け出せないときや元のサポートラインの水準まで下がるリターンムーブなどもあります。
水平線ブレイク後のチャートがどのように動くのかにはいくつかパターンがあるため、、実際のチャートを見ながら経験していくことが重要です

FXの水平線の正しい引き方は?水平線を利用したトレード手法についても解説

もし水平線のブレイクアウト手法を効率的に学びたい場合は、下記のFX商材がおすすめです
比較的安価な動画教材ですが、FXで勝つために必要な要素を網羅的に学ぶことができます。

水平線トレードの決定版!FXぷーさん式トレンドフォロー手法マニュアル「輝」を解説!

少し別のアプローチになりますが、取引量やボラティリティの多い時間帯を狙うこともおすすめです。
取引量やボラティリティが多いと、値動きに勢いがありブレイクアウトした時に、トレンドが伸びやすい性質があるからです

市場参加者の多い時間帯では開始時間が狙い目であり、ロンドンだと日本時間16時ほど、ニューヨークだと日本時間22時ほどです。
ただ、ボラティリティの高い時間帯のトレードは、逆行pipsも大きいので、資金管理の重要性も高いです。
エントリー回数を絞り、ポジポジ病にならないようにしましょう。

FXのボラティリティとは?リスク許容度以下の「負けないトレード」を心がけよう

FXの取引時間のキホンを紹介!市場が活発になりやすい時間帯についても解説

ブレイクアウト手法のまとめ

FXでブレイクアウト手法を取り入れることで、利益を一気に伸ばせる可能性があります。

ブレイクアウトはシンプルな手法な分、初心者でも理解しやすく実践しやすいですが、ダマシによる損切りリスクもあります

しっかりラインを分析できる力を付け、長期的に見て負けないように頑張っていきましょう。