FXの口座を開設する前に知っておくべきことは?おすすめのFX会社も徹底比較!

スポンサーリンク

FXの口座を開設したいけど、その前に知っておいた方がいいことはあるのかな..

こんな悩みをお持ちではありませんか?

特に初心者の方は、何に注意して口座を選んだらいいか分からなかったり、初心者向けでない口座で取引してリスクを負うのではないかという心配もあったりすると思います。

FX口座を選ぶ際に知っておくべきポイントは6つあります。

・最低取引単位が低い
・スプレッドの狭さ・取引手数料の安さ
・通貨ペアの豊富さ
・スワップ金利の充実度
・口座開設キャンペーンの有無
・会社の信用度や実績

上記の点に注意して口座を選べば失敗しないでしょう。

またこの記事を読めば、FX初心者の方でも口座開設まで行えるように、以下の内容をご紹介します。

・口座の選び方
・口座開設に必要なもの
・口座の開設手順
・口座を複数開設することのメリット
・初心者におすすめのFX会社5選

ぜひ参考にしてください。

FXの口座はどうやって選べばいい?

本項では、FXの口座の選び方を具体的に解説します。
選ぶときには以下の6つのポイントを参考にしてください。

・最低取引単位が低い
・スプレッドの狭さ・取引手数料の安さ
・通貨ペアの豊富さ
・スワップ金利の充実度
・口座開設キャンペーンの有無
・会社の信用度や実績

最低取引単位が低い

1つ目のポイントは、最低取引単位が低い会社を選ぶことです。
最低取引単位とは、FXトレードをいくらから始められるかの基準であり、会社によって違います。
取引のコツを掴んだり、安定して利益を得られたりするまでは、低い金額でトレードできた方がリスクを抑えられます。
なので、最低取引単位を低く設定している会社を選ぶようにしましょう。

スプレッドの狭さ・取引手数料の安さ

2つ目のポイントとして、スプレッドの狭さ・取引手数料の安い会社を選びましょう。
スプレッドとは買値と売値の差のことで、FXトレードにおいて発生するコストだからです。

また取引手数料に関しては、無料にしているFX会社も多いです。
しかし、口座開設時や入出金時に手数料が発生する会社もあるので、その点もチェックしておきましょう。

通貨ペアの豊富さ

3つ目のポイントは、FX会社が取り扱う通貨ペアが豊富なことです。
通貨ペアとは、取引における通貨の組み合わせのことで、米ドルと円やユーロと円などを指します。
なぜ通貨ペアの豊富さが大事かというと、それによって取引の選択肢が増えるので、利益を得られるチャンスが広がるからです。

スワップ金利の充実度

4つ目のポイントは、スワップ金利が充実しているかどうかです。
スワップ金利とは、金利差の異なる通貨ペアで取引したときに、その差から得られる利益のことです。
一般的に、金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買えば利益が得られます。

スワップ金利が充実しているというのは、受け取れる利益が大きくなることを意味します。
なので、スワップ金利が充実している会社を選び、お得な取引になるようにしましょう。

口座開設キャンペーンの有無

5つ目のポイントは、FX会社に口座開設時のキャンペーンがあるかどうかです。
最大10万円以上の高額なキャッシュバックキャンペーンを開催している会社もあるので、FX会社を選ぶ際にはチェックしてください。

またそれだけでなく、キャンペーンが適用される条件も確認しておきましょう。
特典自体がお得でも条件が難しければ、そのキャンペーンは避けた方がいいかもしれません。

会社の信用度や実績

6つ目のポイントとして、信用度が高く実績のあるFX会社を選ぶようにしてください。
なぜかというと、その会社の口座に資金を預けているわけなので、仮に倒産などしてしまうと大きな損失を被ることになるからです。
長年の実績がある会社なら、倒産するリスクは当然低いです。
選ぶ際は実績のある会社にしましょう。

またその会社が信用できるかどうかは、「自己資本規制比率」を見れば判断できます。
自己資本規制比率とは、会社の財務基盤の健全性を示す指標のことです。
簡単にいうと、リスクに対応可能な財務基盤があるということで、金融商品取引法で120%以上を維持することが義務付けられています。
この値が高ければ高いほど安心です。
自己資本規制比率は、会社のホームページなどから確認できます。

FXの口座開設に必要なもの

口座開設に必要なものは、基本的に「本人確認書類」と「マイナンバー書類」だけで大丈夫です。
ただし、念のためスマホも手元に置いておくといいでしょう。

書類をスマホで撮影して送れば、本人確認ができるFX会社もあるため、郵送で書類を送るよりも手続きが早く済みます。
次項に「本人確認書類」と「マイナンバー書類」の例を紹介しますので、申し込むとき参考にしてください。

本人確認書類

口座開設には、本人の申込みであることを確認する書類が必要です。
本人確認書類としては以下のようなものがあります。

・運転免許証
・健康保険証
・住民基本台帳カード
・住民票の写し
・印鑑登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書

マイナンバー書類

口座開設には、マイナンバーの通知も必要になります。
以下のうちのどれかを用意しておきましょう。

・マイナンバーカード
・個人番号付住民票
・通知カード

FXの口座開設手順

本項では、口座開設の具体的な手順について解説します。
FX会社の多くは、以下の6ステップで口座を開設できます。

ステップ①:申込みフォームの入力
ステップ②:必要書類の提出
ステップ③:FX会社による審査
ステップ④:本人確認コードの受け取り
ステップ⑤:ログイン
ステップ⑥:入金・取引

ステップ①:申込みフォームの入力

まずは会社ホームページから申込み、必要事項を記入してください。
記入する内容は、FX会社によってさまざまですが、以下のようなものがあります。

・「本人確認書類」および「マイナンバー書類」の提出方法の選択
・お客様情報(氏名、生年月日、住所、電話番号など)
・職業情報
・財務情報・投資経験(年収、自己資産、投資目的・経験年数など)

ステップ②:必要書類の提出

「本人確認書類」と「マイナンバー書類」を送ります。
提出方法としては、以下の3つがあります。

・スマホで撮影してアップロード
・メール送付
・郵送

郵送だと書類が届くまで時間がかかってしまうので、スマホで撮影してアップロードするか、メールで送付する方法がおすすめです。

ステップ③:FX会社による審査

FX会社による審査を待ちます。
審査にかかる時間はまちまちですが、当日から取引をはじめられる会社もあります。
また審査に通るか心配であれば、複数の会社に申し込んでおくのもおすすめです。
「他のFX会社に申し込んでみると審査が通った」ということもありますので、1社の審査結果がダメだったからといって諦めないでください。

ステップ④:本人確認コードの受け取り

審査に通ると、申し込んだときに記入した住所へ、「口座開設手続き完了のご案内」書類が届きます。

ステップ⑤:ログイン

会社ホームページにログインしてください。
「口座開設手続き完了のご案内」には、ログインIDやパスワードなどが記載されています。

ステップ⑥:入金・取引

銀行口座に入金すると取引できるようになります。
FX会社と提携している銀行のインターネットバンキングを利用すれば、すぐに入金して取引を始めることが可能です。

FXの口座を複数開設することのメリット

FXの口座を複数開設しておくと、さまざまなメリットがあります。
たとえば、以下の4つが挙げられます。

・情報量が増える
・取引機会損失を防げる
・取引スタイルを柔軟に変えられる
・さまざまなツールを利用できる

このようなメリットがあるため、これから口座を開設する方に限らず、すでに口座を持っている方も、2つ以上の口座を作るのがおすすめです。
次項から、上記4つのメリットの詳細を解説していきます。

①情報量が増える

1つ目のメリットは、金融に関する情報量が増えることです。
FX会社は、自社サイトの利用者に向けてさまざまな金融情報を伝えています。
なかには、その会社の利用者しか知り得ない情報も発信されているため、FXトレードにおいて非常に有利になるでしょう。
利用しているFX会社が多いほど入ってくる情報も増えますので、複数の口座を持っておくとお得です。

②取引機会損失を防げる

2つ目のメリットは、取引機会損失を防げることです。
利用しているFX会社が1社だけの場合、何らかの不具合があって利用できなくなると、せっかくの取引のチャンスを逃してしまう可能性があります。
複数の口座を開設していれば、どこかで不具合があっても別の会社を利用すればいいので、取引の機会を逃さなくなります。

③取引スタイルを柔軟に変えられる

3つ目のメリットは、取引スタイルを柔軟に変えられることです。
1つの会社で、「デイトレードのような短期取引」や「スワップ金利を狙う長期取引」の両方を行うと、資金管理が難しくなってしまいます。
口座を複数開設して、短期取引用と長期取引用で使い分ければ、資金管理がずっとやりやすくなります。

④さまざまなツールを利用できる

4つ目のメリットは、FX会社のさまざまなツールを利用できることです。
FX会社は、「チャート分析ツール」や「自動取引ツール」といった、会社独自に開発したツールを利用者に提供しています。
これらのツールを使うことで、相場の動きを把握できたり、忙しくても安定した運用ができるようになったりします。
口座をいくつか持っておけば、各会社の便利なツールを使い分けたりできるので、取引の利便性が高くなるでしょう。

初心者でも安心して取引ができるおすすめFX会社5選

初心者でも安心して使えるFX会社を紹介します。
おすすめは以下の5つです。

・松井証券 FX
・為替オンライン
・LINE FX
・ヒロセ通商
・DMM FX

松井証券 FX

松井証券 FXは、1通貨単位から取引できるFX初心者にとって安心の会社です。
おすすめのポイントは以下の通り。

・超少額の取引単位
(1通貨単位から取引可能)
・業界最狭水準のスプレッド
(たとえば、米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.5銭、豪ドル/円が0.7銭、ポンド/円が1.1銭など)
・取引手数料0円
・初心者にも使いやすいスマホ向け取引ツール
(「スピード注文」や「チャート」、「為替ボード」、「ニュース」など参照でき、いつでもどこでも取引可能)
・7:00から23:00までの長時間サポート

松井証券 FXの詳細は下記URLを参照ください。
松井証券FX

為替オンライン

為替オンラインは、初心者向けのコンテンツが充実したFX会社です。
おすすめポイントは以下の通り。

・初心者向けのサポートが豊富
(基礎から実践まで学べる「無料FXセミナー」や、FXのルールや画面の操作を覚えられる「無料デモ口座」など)
・1,000通貨単位という少額から取引できるminiコース
・新規口座開設で、最大15万円のキャッシュバック

【注意点】
為替オンラインで取引する際は、スプレッドが少し広めなことに注意してください。
例:米ドル/円なら1.0銭、ユーロ/円なら2.0銭など

為替オンラインの詳細は下記URLから確認できます。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込

LINE FX

LINE FXは、タイミングを逃さないスムーズな取引がウリのFX会社です。
おすすめのポイントは次の通り。

・便利なLINE通知
(経済指標や急変動をLINEですぐに知らせてくれます)
・最低取引単位が1,000通貨
・業界最狭水準のスプレッド
(米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.5銭、豪ドル/円が0.7銭、ポンド/円が1.0銭など)
・あらゆる手数料が0円
(口座開設、取引、入出金、ロスカットなど)
・高水準のスワップ金利
(トルコリラ/円が42円、南アフリカランド/円が89円)
・安心の取引環境
(24時間受付のサポート体制や、LINE FXが破産した場合でも資産が守られる管理体制)
・最短当日から取引可能

LINE FXの詳細は下記URLを参照ください。

LINE証券

ヒロセ通商

ヒロセ通商は通貨ペアが豊富なFX会社で、メジャーな通貨からマイナーな通貨まで幅広く取り扱っています。
おすすめのポイントは以下の通りです。

・通貨ペアの豊富さ
(通貨ペアの種類が全部で50種類)
・最低取引単位が1,000通貨
・業界最狭水準のスプレッド
(米ドル/円が0.2銭、豪ドル/円が0.6銭、ポンド/円が1.0銭など)
・各種手数料が無料
(取引手数料、口座開設・維持費、入出金の手数料など)
・業界最高水準のスワップ金利
(メキシコペソ/円が80円、トルコリラ/円が45円など)
・多数のキャンペーンを毎月開催
・平日24時間サポート

ヒロセ通商の詳細は下記URLから確認できます。

FX取引ならヒロセ通商へ

https://hirose-fx.co.jp/

DMM FX

DMM FXは、FX口座数が80万を超える人気の会社です。
おすすめのポイントは以下の通り。

・各種手数料が無料
(取引手数料だけでなく、口座維持・開設や、クイック入金と出金時の手数料が無料)
・スプレッドが狭い
(米ドル/円が0.2銭、ユーロ/円が0.5銭、豪ドル/円が0.7銭、ポンド/円が1.0銭など)
・初心者にも使いやすい人気の取引ツール
(操作性と多機能性を両立)
・24時間安心サポート
・最短即日から取引可能

【注意点】
DMM FXでの取引は10,000通貨単位からなので、米ドル/円のレートが1ドル100円だとすると、4万円の資金が必要になります。 ※レバレッジが25倍の場合
他のFX会社より高めなので、その点だけは注意してください。

DMM FXの詳細は下記URLから確認できます。
DMM FX

※本項で例に出したスプレッドの値は、原則固定ですが例外もあります。

FXの口座のまとめ

今回は、FXの口座を開設する前に知っておくべきことを紹介しました。
選び方のポイントを再度まとめます。

・最低取引単位が低い
・スプレッドの狭さ・取引手数料の安さ
・通貨ペアの豊富さ
・スワップ金利の充実度
・口座開設キャンペーンの有無
・会社の信用度や実績

上記のポイントを抑えておけば失敗しないでしょう。
ぜひ参考にしてください。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加