負けないFXとは?初心者が知っておきたいFX基礎知識を徹底解説!

スポンサーリンク

今の給料のままでは生活が厳しいな。
将来のために投資をしておいた方がいいかも!
あなたはそう思ったことはありませんか?

最近は、投資や資産形成という言葉をよく耳にするようになりました。
投資には、いろいろな方法がありますが、その中の1つにFXがあります。
FXとは、どのようなものかご存知でしょうか。

ギャンブルで危険だというマイナスのイメージを持たれている方もいると思いますが、

FXは仕組みを知っておけば、決して危険なものではありません。
FXに関する不安を払拭するためには、知ることからはじめましょう。

この記事では、FXとは何かという疑問に答えるため、

概要から、メリット・デメリット等、FXについての基礎知識を説明します。

FXとは?


FXとは、「Foreign Exchange」を省略した言葉です。日本語に訳すと、「外国為替取引」という意味になります。「外国為替取引」とは、簡単に説明すると、外国の通貨を買ったり売ったりして、為替の差で利益を得ることです。

私たち日本人は、普段の日本国内の生活では、日本円を使います。スーパーの買い物や家賃の支払い、日本円を持ち歩き、日本円を使っています。
しかし、海外では異なる通貨を使っています。

例えばアメリカでしたら、USドルですし、ヨーロッパのEU諸国はユーロ、イギリスはポンドといった形です。海外旅行をする際には、日本円を売却して、現地の通貨を購入する必要があります。

外国通貨を売買する取引のことを、外国為替取引、すなわちFXというのです。
通貨の価値は常に変動していますので、通貨の価値が安いときに購入し、価値が高くなったときに売却すると、その差で利益を生むことができます。

株式との違い

投資の中でも、株式がありますが、FXは株式とはどのように異なるのでしょうか。
株式は、インカムゲインとキャピタルゲインで利益を得ます。

インカムゲインとは、株式を保有していることにより、得られる利益のことです。
企業が利益を出せば、企業が稼いだ収益の一部は配当金として、株主に還元されます。
もちろん業績によっては、配当金が出ないこともありますが、通常の上場企業は、収益が出れば、配当金として株主に還元されます。
株式を持っているだけで、利益を得られるので、インカムゲイン目当てで、株式投資をしている人も多いのです。

一方のキャピタルゲインとは、株式を売買することにより、株価の差で得られる利益のことです。
株価が低いときに株式を購入し、株価が高くなったときに売却すれば、その差で儲けることができます。
FXは、基本的には通貨価値の差で儲ける仕組みです。FXとは、キャピタルゲインがメインの投資と言えます。

円高・円安とは

FXとは何かを知るうえで、円高・円安という概念を知ることは重要です。

日々のニュースでは、1ドルが何円で、前日に対して、何円円高あるいは円安になったという言葉を聞きますね。
円高というのは、円の価値が高くなること、円安というのは、円の価値が低くなったことです。

 

例えば、現在1ドル100円だとします。輸出が伸びるなどして、円に対する需要が高くなると、円の価値が上がります。
1ドルが100円だったものが、1ドル90円になる、つまり円の方が希少になるのです。これが円高です。

一方の円安というのは、輸入が伸びるなどして、円に対する需要が減り、円の価値が下がることです。
1ドル100円だったものが、1ドル110円になるのが円安です。

 

一般的には、円高は輸入産業に有利、円安は輸出産業に有利だと言われています。

FXの特徴・メリット

FXとは外国為替取引のことだと説明してきましたが、どのようなメリットがあるのでしょうか。ここではFXの特徴とメリットについて説明します。

FXのメリット① 小資金で大きな金額の運用が可能

株式の場合、特に日本株を購入する場合、基本的に購入単位は100株です。
100株買おうとすると、会社にもよりますが、数万円から数十万円必要となります。
決して安い金額ではないですよね。

その一方でFXは数千円から取引を始めることができます。
この金額だと、学生や主婦でもお小遣いの範囲内で運用することが可能です。

FXののメリット② FXは平日24時間取引ができる

忙しいサラリーマンや主婦の型でも、仕事終わりや空いている時間に取引することができます。
平日夜遅い時間でも取引ができるので、各自のペースに合わせて取引ができます。

株式ですと、午前9時から午後3時までと時間が決まっているので、
日中仕事をしているサラリーマンにとっては、取引をすることが難しくなります。

FXのメリット③ レバレッジを活かした取引ができる

レバレッジとは、「てこの作用」という意味です。てこを使用すると、少ない力で重いものを持ち上げることができますね。

FXでも、預けた証拠金の何倍にも相当する資金を動かして取引できるのです。
ちなみに、国内のFX会社を利用する場合で個人名義の場合は、25倍までと法律で決められています。

FXのメリット④ スワップポイント(金利差)で稼げる

スワップポイントとは、2カ国間の金利の差によって発生する利益のことです。

例えば、日本は現在超低金利となっています。日本の通貨である円を売って、
トルコやメキシコなどの金利水準が高い国の通貨を買うと、スワップポイントと呼ばれる収益を得ることができます。スワップポイントは、売買せずに利益を毎日計上することができます。
このようにFXには、メリットがたくさんあるのです。

FXのリスク・デメリット

FXには、メリットがある一方で、リスクやデメリットがあることを理解しなければなりません。

FXのリスクやデメリット①許容範囲を超えたロット運用でレバレッジ運用をすることより大損をする可能性が

レバレッジ運用は、25倍までできると説明しました。少ない資金で、莫大な利益を期待することができますが、一方でその分損失も膨らんでしまうリスクもあります。

FXのリスクやデメリット② 資金管理の重要性です。

FXとは、レバレッジをかけたり、売買を繰り返す形式となるため、損失が大きくなる可能性もあります。
大きな損失を回避するためには、資金の限度額を決めることと、損切りの割合をあらかじめ決めておくことです。
例えば、資金の10%を減らしたら損切りをするというように、基準を決めておくのです。
そうすれば多大な損失を被ることはありません。

FXのリスクやデメリット③ ロスカットと追証がある

ロスカットとは、損失が拡大して、一定の損失以上になると、自動的に決済される仕組みのことです。
取引が強制的に終了させられますが、証拠金以上に損失が膨らむリスクは避けられます。
また追加証拠金とは、証拠金維持率が100%を下回った場合に発生する、必要証拠金の不足額のことです。ちなみに証拠金維持率とは、(純資産額-注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100で算出されます。追加証拠金が発生した場合は、期限までに入金する必要があります。

FXのリスクやデメリット④ マイナススワップの存在

FXのメリットとして、スワップポイント(金利差)で稼ぐことが可能だと言いました。スワップポイントとは、2カ国間の金利の差によって発生する利益のことです。低金利の国の通貨を売って高金利の国の通貨を買えば、スワップポイントという収益を得ることができます。
反対に、高金利の国の通貨を売って、低金利の国の通貨を買えば、スワップポイントがマイナスとなり、毎日手数料を支払わなければならないのです。
マイナススワップが発生する取引をする場合は、長期保有しないことをオススメします。

FXとは?についてのまとめ:基礎知識を理解する

いかがでしたでしょうか。ここまでFXとは何かついて説明してきました。
FXの仕組みを知れば、FXが決して危ないものではなく、メリットがたくさんあることが分かります。もちろんデメリットもありますが、まずは仕組みを知って、リスクを回避し、うまく投資に取り組むことが重要です。ぜひFXに取り組んでみてください。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加