負けないFXの始め方を徹底解説!初心者がおさえておきたいポイントも紹介

スポンサーリンク

「会社を続けていてもなかなか収入が上がらない」
「会社の悪化で収入が下がり、将来が不安」
「会社の上司から怒られ続け、毎日ストレス状態」

そういう方は多いでしょう。

「収入を上げて、もっと自由な生活がしたい」
「嫌なストレスから解放したい」

そんな方にはFX投資がおすすめです。
知識や経験が全くなくても始められるので、学生から年寄りまで人気が高くなっています。

それを聞くとマイナスイメージを持つ人も多いけど、
やり方さえ知っていれば、マイナスになることはあまりないのです。
むしろ、続けていくうちに稼げるようになっていきます。

そのことについて詳しく紹介していきます。

FXの稼ぎ方とは?

FXは”Foreign Exchange”の頭文字で、外国為替取引ともいいます。
外国為替取引は証拠金でトレードすることです。
証拠金とは、トレードすときに預けるお金のことをいいます。
預けたお金で外国通貨を売買し、その差益を狙っていくことがFXの稼ぎ方なんです。

では、FX初心者の方にはどういうトレードすればいいのか?
FX初心者には1時間足以上のスイングトレードがおすすめです。
スイングトレードとは短期間で売買を完結させるトレード法。

時間足とは

●1分足
●5分足
●15分足
●30分足
●1時間足
●4時間足
●日足
●週足
●月足

があり、一定時間における値の動きを表しています。

1時間以上のスウイングトレードは、シンプルに相場の動きがゆっくりで、波形も比較的に読みやすいことが挙げられています。
時間足が短すぎると相場のうねりが大きくなってしまい、チャート地点も見づらくなってしまうので注意が必要です。
無理やり取りに行こうとすると難しいので、FX初心者にはゆったりと相場を向き合っていったほうがトレードがしやすくなります。

将来的にどういうトレードをやるにしても、まず日足ぐらいからの長期足をしっかり見て、そのうえで4時間足からの短期足でトレードするほうが低リスクになります。

FXは、自分が持っているお金よりも大きな利益を上げることが可能ですが、予想が外れたときは損失も大きくなるリスクもあるので、注意が必要です。

通貨と通貨を交換するときの差額で利益が上がるのか?下がるのか?を予想するのがFXの稼ぎ方です。
例えば、米ドルを安いときに買って、買ったときよりも値上がりした状態で売却すれば利益が上がります。
日々変動する通貨の価値を確認することが大切です。

FXの取引時間

FXは株式と違い、24時間いつでも取引ができるのが特徴です。
真夜中の眠れないときなど自分の好きなライフスタイルや時間に合わせて稼ぐことが可能。
FXを始めるときには、市場の特徴やそれぞれの時間帯の動きを知ることが大事です。

◆取引時間について

■株式

●平日9:00から11:30まで、12:30から15:00まで取引可能
※土日祝は休み

■FX

●平日24時間取引可能
●祝日24時間取引可能
※土日は休み

FXは原則として為替市場が開いている限り、平日や祝日(元旦は除くは)24時間取引が可能です

FXは外貨の交換による金融商品で日本だけでなく、世界の主要の市場では盛んに取引が行われます。

時差があるので日本の市場が終わってもロンドン、ニューヨークなど活発な動きの出る市場に取引はスライドしていきます。
そのためFXは平日ならほぼ24時間いつでも取引が可能となるのです。

休みの間はシステムメンテナンスも行われることが多く予約注文もできないFX会社がほとんどです。

反対にFX取引ができない時間帯は土日となります。
世界の国々で市場が休みとなるからです。

都市によっては、夏時間は標準時間の冬時間より取引終了時間が1時間早められるがあります。

少し誤差はありますが、

●冬時間(標準時間):11月下旬から3月上旬
●夏時間(サマータイム):3月下旬から11月上旬

日本とニューヨークに時差に例えると

●冬時間:−14時間
●夏時間:−13時間

その代わり、FXの取引開始時間は1時間早められることになります。
簡単に説明しますと、時間のずれがあるだけで削られているわけではありません。

続いて、FXの取引時間は

●冬時間(標準時間):月曜日7:00頃から土曜日7:00頃まで
●夏時間(サマータイム):月曜日6:00頃から土曜日6:00頃まで

となりますが、海外市場が開いている場合は時間外でも取引できます。

年末年始、クリスマス、は短縮取引となりますので、その日は使用している会社に事前確認しましょう。

FXを始める前に覚えておきたい用語

FXを始めてみたが、分からない用語でつまづいてしまった方も多いでしょう。
そこでFXで重要な用語を解説します。

証拠金とレバレッジ

取引をしたい金額のことを証拠金と言います。
FXで取引を開始するために必要です。

取引したい金額(証拠金)が決まったら、何倍の金額で取引するのか?
を決めることをレバレッジと言います。

例で言うと

証拠金8万円×レバレッジ25倍=取引可能金額200万円

となります。

 

レバレッジは自分で決めることはできますが、
日本では上限が25倍までとされています。

証拠金は取引している間は、
FX口座から引き出せなくなります。

FX口座に証拠金が用意できなかったり、なくなりそうになったりすると取引ができなくなってしまうので注意してください。

最低どのくらいの証拠金があればよいのか?
それはFX会社ごとの「取引の最小単位」で決められています。

スプレッド

スプレッドとは差額ともいい、FX用語では買値と売値の差のことです。
BIDは売値、ASKは買値となります。

例で言うと

買値100.50円-売値100.48円=差額(スプレッド)0.02円=2銭=2pips

となり、pipsはコストを表します。

 

取引コストでいうと、スプレッドが狭い(小さい)ほど手数料が少なく、有利に取引ができるのです。

スプレッドは日ごとに大きく変動するので、損失にはご注意下さい。

スワップポイント

スワップポイントとは2カ国の金利から得られる利益のことをいいます。
例で言うと、「アメリカ合衆国の金利2.25%」と「日本の金利−0.10%」の金利差は2.15%となります。
所有する機関によって、日をまたぐことに定期的にもらえる金利。
それがプラススワップポイントです。

プラスだけではなくマイナススワップポイントになることもあります。

例で言うと、「スイスの金利−1.25%」と「日本の金利−0.1%」の金利差は−1.15%となります。

日本より低金利の通貨を所有していると、所有している機関に応じてスワップポイントを支払わないといけません。

 

スワップポイントは中長期におすすめです。
それはポジションを持っている期間はスワップポイントを受け取れるからです。
ただし、スワップポイントは高金利の国の通貨を持っていたとしても、為替のルートが下がってしまうこともあります。

アメリカ合衆国の金利が日本の金利以下になることもあるので注意して下さい。

FX取引の始め方

FXは少ない資金から始められるので初心者にとっては行いやすい取引ツールとなっています。現在の投資系として知名度のあるFX。

「聞いたことはあっても始め方がよく分からない」
「FXは変動しやすい投資方法なので損失するリスクが怖い」
「1度は利益が出たが、損失を出してしまうのこともあるのではないのか」

と考えている方も多いです。

やり方さえ間違えなければ、損失はあまり起こりません。
損失にならないようにするには、まずはFX会社の選び方が1番重要です。
取引開始する前までの流れを説明していきます。

FX取引開始する前にまずは

●口座開設
●証拠金入金
●取引ツールのインストール

が必要になってきます。

 

1. FX口座開設

FXを始める前にまずは口座開設の登録が必要です。
MT4の取引ツールが使えるFX会社がオススメ。

口座開設に必要な書類は下記の通りです。
●身分証明書 マイナンバーカード(表と裏が分かるように提出する)がオススメ。

●通帳 お客様情報を登録した後は審査があります。 審査が通れば登録完了です。

下記に該当する方は登録できないので注意して下さい。
●年齢が20歳未満の場合
●国籍が海外の場合 国籍が海外でも登録できるFX会社もあります。
●口座の残高があまりにも少ない場合 50万円ぐらいあれば安心です。

2. 証拠金入金

口座開設の登録が完了したら、次はFX会社を通して取引するために、お金を預ける必要があります。
これを証拠金といい、お金を預ける場合はまとまった金額でなければいけません。
だいたいの会社は1,000通貨から取引が可能。FX会社により最低通貨単位は異なります。

3. 取引ツールのインストール

証拠金入金が完了したら、FX会社から取引ツールが提供されます。
取引ツールには、MT4とMT5があり、MT5のほうが最新でバグが起こりにくくなります。
しかし、使いやすさ、多くのトレーダーが使用しているのはMT4のほうなので、そっちがオススメです。
MT4は多くのトレーダーが共有していますので、情報が手に入りやすくなります。

4. 実際の取引開始

インストールが完了しましたら、いよいよ取引開始です。まずは少額の金額からチャレンジしてみて下さい。

FX取引に必要な資金はいくら?

FXは最低いくらから始められるのか?
お金がない人ほど考えてしまいますよね。

投資にはどうしてもお金が必要です。
効率性を考えれば最低100万円ぐらいは用意したほうが良いけど、
FXはレバレッジが効かせられる金融商品なので少額から始められます。

お金に余裕のない人は最低額4,000円から始めてみて、少額から慣れさせると良いでしょう。

レバレッジは国内の証券会社だと25倍、海外の証券会社だと100倍以上のところがたくさんあり、FXに必要な投資資金はFX会社によって変わってきます。
1,000通貨もしくは10,000通貨で設定している会社がほとんどです。

 

例えば、1,000通貨を最小取引単位としているFX会社を利用する場合、1ドルあたり100円として取引に必要な金額は10万円となります。

レバレッジ25倍の状態で取引すれば、4,000円×25=10万円となり4,000円からでも取引できるのです。

 

初心者にもおすすめのFX証券会社

FXのやり始めの人に悩むことはFX会社の選び方です。
やりやすさは人それぞれ違ってきますけど、国内で1番人気が高いのはDMM FXとなります。

◆DMM FX

DMM FXでは80万の口座開設され、国内第1位となっている。
総合力の高さが魅力的です。

取引ツールの充実と使いやすさに定評があり、多くのトレーダーから支持を獲得できます。

PCには、2つの取引ツールが用意されています。どちらもソフトのインストールが不要です。
ブラウザから手軽にアクセスができます。

●PLUS
チャートやレイアウトを自分好みにカスタマイズできる。
●STANDARD
タブレット端末でもサクサク動かせる。

モバイル・スマホには3つの取引ツールが用意されています。アプリをインストールせずともブラウザから快適に注文や入金、チャートの確認ができます。

●スマホアプル DMM FX
●DMM FX for smart phone
●DMM FX for mobile

DMM FXには、取引を補助するツールも2つ用意されています。

プレミアチャート
29種類もの豊富なテクニカルツールが利用できる。
●取引通信簿
トレード成績を確認し、分析できる。

■DMM FXのメリット

●取引口座数が多く、投資者にアドバイスがもらえる
●PCとスマホで取引ツールができる
●スプレッドが狭く、コストが抑えられる
●電話、メール、LINEなどを使って24時間サポートができる
●最大20万円のキャッシュバックがもらえる
●最短で取引を始められる

■DMM FXのデメリット

●最低取引単位は10,000通貨以上が必要
●スワップポイント投資には不向き

貯金残高があまりない人は、最低でも20万円は確保することをオススメします。
登録、サポート、各種手数料、最新の情報などは無料です。
取引ツールのなかで上級者のアドバイスがもらえるのでFXの初心者でも始められやすくなっています。
スワップポイント投資ではなく、為替差益をメインに狙いかたにもオススメです。

DMM FX

まとめFXの始め方を徹底解説しました。初心者はポイントを押さえます!

この記事を読んで理解できましたか?

これまでFXの稼ぎ方、用語、始め方、おすすめ会社について説明してきました。

FXを始めたら、まずは少額の取引で実績を積んでみて下さい。

実績を積んで慣れてきたら、少しずつ金額を高くするといいでしょう。

本ブログでは、今回のような有益な投資情報をLINE公式でも配信しています!

こちらの記事を読んで下さったあなたの資産形成のお役に立てれば幸いです。

友だち追加