FXのスキャルピング手法とは?負けないために誰もが理解しておくべき基礎・基本を解説

「FXのスキャルピング手法ってどんな手法なのだろう?」
スキャルピングで勝つためにはどうすればいいの?」

この記事を読んでいるあなたにはそんな疑問があるかと思います。

結論から言うと、スキャルピング手法とは「超短期取引(数秒~数分)で小さい利益を積み重ねる手法」であり、迅速なチャート分析能力と迅速な決断力があれば利益を得ることができます
多くの取引をする手法のため、取引通貨や取引の時間帯、使用するFX口座も大変重要な要素になります。

上記以外にも抑えておくべき要点は多々ありますので、今回はスキャルピング手法で負けないために理解しておくべき最低限の基礎や基本を解説していきます。

FXのスキャルピング手法とは?

負けないFX

スキャルピング手法とは、超短期(数秒~数分)で多くのトレードを行い、小さな利益を積み重ねていく手法です

数時間で取引を完結させるデイトレードや、数日もしくは数週間で取引を完結させるスイングトレードと比べると、以下のような特徴があります。

①素早く取引結果を出すことが重要
②利益額と損益額が小さい
③経験が物を言う

どれも、超短期の取引を繰り返すがゆえの特徴ですね。
その特徴を踏まえたうえで、次はスキャルピング手法のメリットとデメリットを紹介していきます。

デイトレード・スイングトレードの手法詳細については、それぞれ別の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

FXのデイトレードとは?メリットやテクニックについても徹底解説!

FXのスイングトレードとは?手法の詳細やメリット・デメリットを解説

スキャルピング手法のメリット

負けないFX

スキャルピング手法をメインの手法としている専業トレーダーの方もおられるぐらいなので、メリットは多くあります。

その中でも特に大きなメリット3つを挙げると、下記のようになります。

①為替変動リスクが小さい
②時間、資金効率が良い
③取引を翌日に持ち越さない

①為替変動リスクが小さい

投資の世界におけるリスクとは、不確実性のことです。
値下がりはもちろんのこと、値上がりも含めてどうなるかわからないということを指します。

スキャルピングでは基本的にチャートに張り付いて取引を行うため、何らかの原因で急な値動きが発生したとしても即時に対応することができます
つまり、為替変動リスク(不確実性)を抑えることができるのです。

他のトレード手法では、数時間もしくは数日チャートを見ないこともあり、その間に保有銘柄が急暴落(急高騰)する場合があります。
スキャルピングに比べて為替変動リスクが大きいということができます。

②時間、資金効率が良い

安定して勝てるようになると、スキャルピング手法はとても効率が良い手法といえます。

デイトレードやスイングトレードと比べて、スキャルピングは短時間で取引を終了させる手法です。
したがって、ポジションを保有する時間も必然的に短くなります

デイトレードやスイングトレードは、ポジションをある程度の時間寝かせておくことでより大きな利益を狙いますが、もちろん、逆行し、損切りすることもあり得ます。

スキャルピングの場合は、良くも悪くもすぐに結果が出るので、勝率を上げていくことがそのまま利益の安定化に繋がります
FX上級者にスキャルピングトレードを取り入れている人が多いのは、上記が理由の1つとして考えられます。

③取引を翌日に持ち込まない

為替変動リスクが小さいという点とも共通しますが、日を持ち越すことは場合によっては大きなリスクを背負うことになります。

FXでは、ロンドン市場とニューヨーク市場が重なる22時~3時に取引が一番活発になるため、値動きも激しくなる傾向にあります。
(注:夏時間は1時間前倒し)

FXの夏時間・冬時間|取引時間を理解してトレードに活かそう

また、大事な経済指標などもこの時間帯に発表されることが多いです。

そんな重要な時間帯を寝て過ごすというのは、大きなリスクを負うことになります。
スキャルピングでは日を跨いでポジションを保持することもありませんので、大きなリスクを負うことを最小限に抑えることができる手法といえます

FXのスキャルピング手法のデメリット

負けないFX

先程はスキャルピングのメリットを3つ挙げましたが、残念ながら以下のようなデメリットも存在します。

①スプレッドが増えやすい
②約定力に左右される
③通信環境に左右される

①スプレッドが増えやすい

スプレッドとは、簡単に言うと取引毎に掛かる手数料のようなものです。
厳密に言うと手数料ではありませんし、スプレッドとは別で手数料も存在するのですが、国内におけるFX会社は手数料無料の会社が多いため、スプレッドが実質的な手数料といえます。

スキャルピングでは超短期のトレードを繰り返すため、デイトレードやスイングトレードと比べるとスプレッド(手数料)が増えます。
スキャルピングトレードをする際には、スプレッドの狭いFX会社を選ぶのがおすすめです

②約定力に左右される

約定力とは、簡単にいうと注文を成立させる力です。
トレーダーではなく、使用するFX会社の力のことで、我々トレーダーの出した注文を注文通りの価格で取引してくれるかどうかを表しています。

例えば、ドル円を110.00円で買いたいと思い、買い注文を出したとします。
約定力の強いFX会社なら注文通りの110.00円で買うことができますが、弱いFX会社だと110.02円などで買ってしまう場合があります。

上記のように、注文と異なる価格で約定されることをスリッページと言います。

狙う値幅が小さいスキャルピングでは、このスリッページが致命傷になりかねません。
約定力の強いFX会社を選びましょう

③通信環境に左右される

通信環境が悪いと注文に遅延が生じたり、チャートの更新が遅れたりして、思っていた価格とは違う価格で注文を出してしまうことがあります。

先程の約定力と同様、リスクを負うことになりますので、通信環境が悪い状態でのスキャルピングは控えるようにしましょう

FXのスキャルピング手法が向いている人・向いていない人

負けないFX

スキャルピングのメリット、デメリットを説明しましたが、「結局、私にもできるのだろうか?向いているのだろうか?」と不安に思われている方もいると思います。

次は、スキャルピングに向いている人と向いていない人の特徴を紹介します。

スキャルピングに向いている人

①毎日FXに取り組める人
②すきま時間を活用して利益を出したい人
③瞬発力・判断力・分析力・継続力のある人
④集中力が高く機械的な判断ができる人
⑤短時間で大きな利益を狙いたい人
⑥単純な作業の繰り返しが好きな人

スキャルピングに向いていない人

①少ない取引で大きく利益を出したい人
②単純な作業の繰り返しが苦手な人
③FXにあまり時間を割けない人
④瞬発力・判断力・分析力・継続力・集中力に自信のない人

スキャルピングでは小さい値幅を狙っていくので、1回の取引で想定される損失も小さいです。

ですので、まずはデモ口座などを利用して「とりあえず1回やってみる」というのもありだと思います。

FXのデモトレードとは?初心者でもリスクなくできるデモ取引を解説!

FXのスキャルピング手法で勝てない理由・勝ち方

負けないFX

次は、スキャルピングで勝てない人がやりがちなこと(勝てない理由)と、勝ち方を簡単に説明していきます。

スキャルピングで勝てない理由

①取引量の少ない通貨や時間帯を選んでいる
②先読みが難しいタイミングで取引している
③狙っている利益が大きすぎる
④スプレッドの高いFX口座を使っている
⑤パソコンの通信環境がよくない

スキャルピングでの勝ち方

①取引量の多い通貨ペア・取引所を選ぶ
②相場環境に合った取引をする
③小さな利益を積み上げることを意識する
④スプレッドの少ない口座を選ぶ
⑤通信環境を整える

筆者の友人のスキャルピングトレーダーは、下記の方法を取り入れているようです。

・15時~16時、16時~17時の時間帯(サマータイム)
・通貨ペア:ポンド/円(ボラティリティが高い)
・トレンド方向の取引(順張り、トレンドフォロー)
・スプレッドの小さいFX会社
・安定した通信環境

時間帯や銘柄の組み合わせやトレード手法は、各自に合ったものを見つける必要があります。
ただ、通信環境やFX会社はすぐにでも対策できることですので、スキャルピングをやる際はFX会社には注意しましょう。

FXのスキャルピングにおすすめの低スプレッドなFX口座

負けないFX

次に、スキャルピングにオススメな低スプレッドのFX会社を紹介していきます。

DMM FX

DMM FX

DMM FXは、取引ツールが使いやすく、FX関連の質の高いニュースも無料で見ることができます。
スマホの取引アプリも4つのチャートを同時に表示できたりして使いやすいです。

ストップロス注文の溜まり具合やオプションの確認もできるため、FX初心者から上級者まで万人にオススメできるFX会社です。

ただし、最低取引単位が1万通貨からなので、6万円ほどは口座に入れておかないと主要通貨の取引ができません。

松井証券

松井証券FX

一般的なFX口座は最低取引単位が1000~1万通貨なのに対して、松井証券は1通貨からの取引ができるため、低予算でも取引が可能です。

また、レバレッジの倍率とロスカット基準も自分で決められるので、投資資金のコントロールをしっかりしたい初心者の方にオススメのFX会社です。
ただし、取り扱っている通貨ペアが他社と比べてやや少ないので、注意が必要です。

まとめ:スキャルピング手法で負けないために

負けないFX

スキャルピング手法で負けないために理解しておくべき基礎や基本を紹介してきました。
いきなり利益を出すことは難しいでしょうが、今回紹介した内容を理解して頂ければ勝率は上がるはずです。

いきなりスキャルピングをメイン手法にする必要はありませんので、デイトレードやスイングトレードと合わせて実践していてみて、自分にあったトレード手法を見つけていくと良いでしょう。